サイトマップ

医療費通知の取扱いについて(平成29年分確定申告関係)

 

 今般の税制改正等で、平成29年分の確定申告から医療費控除の申告を行う際に、医療保険者から送付されている医療費通知を活用できることとされています。
 この場合、確定申告の際に法令で定められた標準項目(医療機関名、自己負担額などの6項目)の記載がある医療費通知であれば、医療機関等の領収書に代えて確定申告書に添付することで、申告手続きをすることができます。

 しかし、本広域連合が送付しております平成30年3月発送予定分までの医療費通知につきましては、自己負担額(被保険者の方が実際に支払われた金額)の記載がされておらず、従来どおり医療費の総額のみが記載されている様式になっております。

 したがいまして、送付(予定)しております医療費通知では、平成29年分の確定申告に活用できませんので、平成29年分の確定申告で医療費控除の申告を行う際には、お手数ですが医療費控除の明細書に領収書を添付していただき申告を行っていただくようお願いいたします。
 御不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

 なお、平成30年度以降の医療費通知につきましては、改めてお知らせさせていただきます。

 


このページの先頭へ