サイトマップ

トップページ > 広域連合について

広域連合について

概要

平成20年4月1日から、従来の老人保健制度から後期高齢者医療制度に変わりました。

これまでは、75歳以上の方と一定の障害があると認定された65歳以上の方は、国民健康保険等の医療保険に加入しながら老人保健制度で医療を受けていましたが、平成20年4月からは各都道府県内のすべての市区町村が加入する広域連合が運営する独立保険制度により医療を受けることになりました。

運営主体となる広域連合では、保険料の決定、医療の給付などを行い、各市町では保険料の徴収と窓口業務を中心とする事務を行います。

保険料については、被保険者の医療にかかる費用のうち、皆さんが医療機関で支払う窓口負担分を除いた費用の1割相当額を保険料として納めていただくこととなります。

組織図

組織図

役職名簿

特別職

広域連合長 野志 克仁 松山市長
副広域連合長 石川 勝行 新居浜市長
副広域連合長
高門 清彦
伊方町長

監査委員

識見の委員 石田 愼二 松山市監査委員
議会選出 清水 裕 大洲市長

選挙管理委員

委 員 大野 嘉幸
-
委 員 森  恒雄 今治市選挙管理委員長
委 員 上甲 憲章 西予市選挙管理委員長
委 員 三好 勝志 松前町選挙管理委員

このページの先頭へ