給付について

入院したときの食事療養費

被保険者が入院した時は、所得区分に応じた食事代を自己負担します。

所得区分 1食あたりの食事代
現役並み所得者 <平成30年3月まで>
360円(注1)
<平成30年4月から>
460円(注1)
一般
低所得者Ⅱ 過去12か月入院日数が90日以内 210円
過去12か月入院日数が91日以上 160円(注2)
低所得者Ⅰ 100円

(注1)所得区分が「現役並み所得者」または「一般」の方で、以下のいずれかに該当する方は260円です。

 ①指定難病患者

 ②平成28年3月31日において、1年以上継続して精神病床に入院していた方であって、平成28年4月1日以後も引き続き医療機関に入院する方。

(注2)適用を受けるためには、低所得者Ⅱの減額認定を受けてから(下記◆参照)の入院日数が90日超過後に、お住まいの市町の担当窓口で「長期入院該当」の申請が必要です。入院日数のわかる病院の領収書などを添えて申請してください。

◆低所得者Ⅰ・Ⅱに該当する方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」を保険医療機関等の窓口へ事前に提示する必要があります。認定証の交付を受けるには、お住まいの市町の担当窓口へ申請してください。

入院したときの生活療養費

被保険者が療養病床に入院した時は、所得区分に応じた食事代と居住費を自己負担します。

※医療の必要性が高い方は上記の「入院時食事療養費」の食事代が適用されます。

入院時生活療養費の負担が変わります

所得区分 1食あたりの食事代 1日あたりの居住費
現役並み所得者 460円(注3) <平成29年9月まで>
320円(注4)
<平成29年10月から>
370円(注5)
一  般
低所得者Ⅱ 210円
低所得者Ⅰ 130円
老齢福祉年金受給者 100円   0円

(注3)保険医療機関の施設基準等により420円の場合もあります。

(注4)指定難病患者、または疾患等によっては0円

(注5)疾患等によっては200円(平成30年3月まで)、指定難病患者は0円

◆低所得者Ⅰ・Ⅱに該当する方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」を保険医療機関等の窓口へ事前に提示する必要があります。認定証の交付を受けるには、お住まいの市町担当窓口へ申請してください。